トマスと彼の友人たち(3)

待って、私はもうすぐ電気がない! - よく耳を傾けて、忍耐強い赤ちゃんになる

ああ、汽車が動き出した!

ああ――トーマス小列車が動き出した!

『トマスと彼の友たち―70周年物語』

——トーマス70周年、70名の定番ストーリー

第3期上線!

最も経典的なトーマスの物語

「トーマスと彼の友人たち―70周年の定番ストーリー」シリーズは全70話で、今回の上線第3期には25の経典トーマスの物語が含まれており、それぞれに千の「トーマス物語」から丹念に選んだ。これらの物語では、小さな列車が出てきて、美しい多島で、一緒に冒険し、共に成長する。

ああ、汽車は出発しますよ、宝貝たち、乗りますよ。

永遠の『トマスと彼の友達』

トマス汽車は誰の愛ですか。

無邪気な姿の小さな列車は、子供たちの愛である。

積極的に正しい価値観は、お父さんとお母さんの愛です。

楽しい物語は、すべての人の愛です。

今年、「トマスと彼の友人たち」はすでに72歳になりましたが、この青い蒸気の小列車は依然として止まっていて、全世界の子供たちに愛されています。

創始者のオドリ牧師は、小さな物語にも意味のある種を植えて、子供たちの心の中で花を咲かせることを期待していた。小さい列車のかわいいイメージは子供たちに喜びをもたらすだけでなく、より分かりやすいストーリーで子供の心を陶かされています。

本当の役に立つ人をします――これは『トマスと彼の友たち』の最も素朴な価値観で、すべての父の母の子供に対する最も真摯な期待でもあります。

多くの島の小さな列車がミスを繰り返している。子供たちもそうで、ミスや修正の中でゆっくり成長していく。

0+歳の赤ちゃんの声アニメ

  • 小さい赤ちゃんゼロの障害は聞きます:『トマスと彼の友達』の簡単な筋、簡潔に表現して、生き生きとした言葉、赤ちゃんに話を聞くことを譲る。

  • 淡く英式ユーモア:文字の間にはイングランド風の素朴さとユーモアが流れている。

  • 最も貴重な児童文学:分かりやすい筋の中で成長の深い意味をこめて、素朴な言葉は子供一人一人の心に通じることができる。

  • お父さんによって作られた小さな列車の物語は、子供の責任感と安全感をもたらす。

  • 1台の小さい列車はすべて唯一無二で、1人の子供もすべて唯一無二で、最も良い自分をして、本当に役に立つ人になります。

全世界の赤ちゃんの仲间

  • 「トマスと彼の友たち」のアニメは、45種類の言語に翻訳され、世界150カ国で放送された。

  • 「トマスと彼の友たち」の本は全世界で2億冊を超える。

  • イギリスとオーストラリアでは、「トーマスシリーズ」の物語は長年、学齢前の第1ブランドが安定している。

  • 2009年、「トマスと彼の友たち」は中国に来て、億万人の中国人の子供の大好きな列車になりました。

  • “Thomas & Friendsシリーズのおもちゃ、衣装、文房具、遊園地、舞台ドラマなど、全世界の学齢前に子どもが一番好きなブランドの一つとなっています。

耳の中の声アニメ

  • もとのクラスの人の馬を続けて、力を入れて作って、誠意のある視聴の宴を見聞きします;

  • 最も経典の《トーマスと彼の友達たち》の物語を選んで、筋は更にコンパクトで、言語は更に面白いです;

  • もとの汁の原味の英式のユーモア、子供に静かに聞いて小さい列車の持ってくる楽しみを感じさせます;

  • アニメーションのような原声の音のように、小さな列車が子供たちの耳の中で走る。

  • 面白い音効は小列車の心理的な活動を表現して、楽しい音楽はストーリーを敷いて、物語をもっときれいにする。

特別なキャスター

張地震先生 有名な吹き替え俳優は、北京放送学院の放送系(現北京メディア大学)を卒業し、長年、映画、テレビ、アニメ、音声小説の吹き替えや放送に携わり、多くの有名映画やアニメ映画で主要な役割を果たしている。

代表作は『狂気動物城』(狐ニーク)、『レスリング、パパ』(お父さん)。

購入注意事項

1、このアルバムは0に向いています-6歳の子供たちは聞いています。

2、アルバムは25話で、購入成功後、「トーマスと彼の友人たち―70周年の定番ストーリー」をダウンロードできます。 第3期の全ての物語

3、仮想製品は購入に成功して払い戻し、譲渡することができません。

4、購読の過程で、もしあなたが何か緊急または購入した問題がある場合、オンラインサービスに相談することができます。具体的な方法は、以下のように「私の」をクリックして、「オンラインサービス」を選択します。また、何かのアイデアやアドバイスがあれば、物語の公式を話すこともできます。APPコミュニケーショングループQQ群号:1557326 34)は、スタッフと交流する。